DTP-TRANS利用規約

マイクラボ合同会社(以下、弊社)は、利用規約(以下、本規約)を定め、本サービスを提供します。
本サービスは本規約に同意された方のみ利用できます。
予告なしに登録者へのサービスを停止・変更する場合がある事をご了承下さい。
(それに関する損害賠償等の責任を負わないものとします)
■以下の行為は禁止します。弊社が発見次第、ファイルの削除、登録の強制抹消をさせて頂く場合があります。
他人の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える旨の情報等を掲載する行為
法令又は公序良俗に違反する行為
他者の情報を不正利用する行為
他者の個人情報を開示する行為
利用者が使用するコンピュータ、通信機器等のハ-ドウェアに損害を及ぼす行為
利用者が使用するコンピュータ上のOSやソフトウェアに何らかの悪影響を生じさせる行為
大量・大容量のファイルを不特定多数に配布し弊社の提供するインフラに多大なる負荷をかける行為
弊社の運営・提供又は他の登録ユーザーの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為
他人の権利や信用若しくは名誉を侵害する行為
自動巡回ソフトなどでログインし自動操作する行為
ダウンロード支援ツールなどで著しくサーバーに対して接続を発生し、他のお客様の迷惑となる行為
虚偽又は誤解を招くような内容を含む情報等を、掲載等し又は登録する行為
犯罪行為をすること又はこれに関与する行為
その他、弊社が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為
■データファイル(以下、ファイル)の取り扱い
本サービスを利用してやり取りされるファイルの内容について弊社は一切の責任は負いません。
ファイルが保存されるまで、ダウンロードされるまでに様々な機器や第三者のネットワークを介します、意図しない第三者に盗聴や改ざんの恐れがある事を理解の上ご利用ください。
お預かり期限が過ぎたファイルに関してはいかなる理由であっても復元は出来ません、完全削除されます
自動実行される弊社ウイルススキャン上で検知されたウイルスの感染の疑いのあるファイルは随時削除されます。
ウイルススキャンに関するお問い合わせはサポート外とさせていただきます
ダウンロード期限が過ぎた場合及び、ダウンロード回数を超えた場合、ファイルは削除されます。
■個人情報の第三者への開示
個人情報を本人の許可無く他の第三者に提供や開示することはありません。
但し、以下に該当する場合はその限りではありません。
情報提供についてその本人の同意がある場合
公的機関、弁護士協会から法令に基づき開示を求められた場合
プロバイダ責任制限法に基づき開示を求められた場合
提携クレジットカード会社より利用照会があった場合
■ファイルのアップロード・ダウンロードについて
ファイルがアップロード・ダウンロードされるまでに様々なソフトウェア、 通信機器や第三者のネットワークを利用する都合上、サービスを利用する為においてその通信を保障する事はできません。
■利用料金、支払方法など
利用料金は、弊社が別途料金表に定める料金を適用します。
弊社が利用料金を計算し、当該ユーザーに対して請求を行うものとします。
弊社は、当該ユーザーの承諾なく、利用料金の変更を行うことができるものとします。
利用料金に変更がある場合は、弊社は迅速に当該ユーザーへ通知するものとします。
当該ユーザーから弊社に支払われた本サービスに関する一切の料金等は、いかなる理由といえども返還しないものとします。
弊社は利用料金の支払い期日や支払方法を別途料金表またはその他オンライン上、電子メールにて告知するものとします。
金融機関に支払う振込み手数料その他の費用は、当該ユーザーの負担とします。
当該ユーザーは別途料金表に定めるいずれの支払方法を選択した場合も、支払方法に不備あった場合は、直ちにお問合せフォームにてその旨を弊社へ連絡するものとします。
弊社の指定する支払い方法以外で入金した場合等で当該ユーザーの過失を要因とする場合、弊社が当該ユーザーの入金した事実を確認できない場合、当該ユーザーまたは他の第三者が蒙った損害について弊社は一切の責任を負わないものとします。
弊社は、当該ユーザーの承諾を得ることなく料金を改訂する場合があり、当該ユーザーはこれに同意することとします。また、改訂後の料金体系は、契約更新時に適用されるものとします。
■免責事項
弊社は本サービスの提供にあたり、サービスの欠陥、サービスの停止、情報の削除、情報の変更、サービスの終了、及びそれらが原因で発生したユーザーまたは第三者への損害に対し、故意がある場合を除き一切の責任を負いません。
弊社は、本サービスを監視する義務を負いません。本サービスを利用したことにより発生した、ユーザーまたは第三者への損害に対し、故意がある場合を除き一切の責任を負いません。
禁止行為を行ったユーザーの情報に対して、情報開示や情報の削除をおこなう場合があります。その際、ユーザーは、弊社の行った処置について、異議を申し立てることはできないものとします。